事業領域
測量

測量成果から地理空間情報へ
  • 基本測量、公共測量
  • 基準点測量、水準測量、GNSS測量
  • 道路、河川、農地等の測量調査
  • 道路台帳作成および補正
  • 用地測量、地籍測量
  • 空測図化作業
  • GIS(Geographic Information System)地理情報システム

GNSS測量機(ハイブリット測位)

GPS衛星とグローナス衛星の活用、次世代型衛星観測法への取り組みを行います。


VRS-RTK、GNSS測量(直接観測法、間接観測法:2台同時観測、1台準同時観測)

リアルタイムに位置情報を取得し、災害復旧測量、緊急点検などに対応します。


トータルステーション

自動観測と自動追尾システムの導入により現場作業の短縮化は工期短縮につながり、少数精鋭の人員配置は低コストを実現します。


GNSSタワーの設置

山間部でのGNSS観測においては上空視界を確保できるため、植生の障害無しで精密基準点の測量が可能です。


電子レベル・バーコード水準標尺 

高低差、距離の読取り値が一定になり、電子野帳でのデータ保存が実現します。



地理空間情報の構築とシステム化

地形の3次元データを作成することにより、任意線形の縦断図・横断図を作成し、業務の迅速化、効率化を実現します。





写真測量への取り組み

デジタルステレオ図化機を用いて空中写真を標定し、その実態摸像から地形、地物を三次元データとしてデジタル化します。





GIS(地理情報システム)への取り組み