事業領域
移動気象観測車

温湿度計・風向風速計・GPSセンサー・視程計などさまざまな気象計測機器を搭載する移動気象観測車。

ドライバーの視点より道路上を移動しながら「いま」の外部現象を計測、詳細なデータとして収集、記録します。デジタルビデオカメラにより、ドライバー視点での走行画像も撮影可能であり、冬期はもちろん夏期も詳細な道路情報をキャッチ、路線全体の安全を確保するために活躍します。

当社では、平成24年度より『移動気象観測車』を新規に1台導入し、計2台体制にて広域的な調査を実施します。





画像処理

GPSセンサーで詳細な位置を把握しながら、各種搭載機器により詳細な気象データを測定可能です。また、デジタルカメラにてドライバー視点の走行画像を撮影しどの地点でどのような気象状況かをその場で確認可能です。


視程障害状況(昼間)

吹溜り状況(夜間)
データ編集グラフ


道路動画管理システム

「道路動画管理システム」を構築して道路維持管理業務をお手伝いします。